さだまさしが行列で歌った歌が名曲だと話題に!動画もご紹介!



Sponsored Links

2020年5月24日「行列のできる法律相談所」に、さだまさしさんが初出演されます!

隠れた名曲「いのちの理由」をスタジオで生歌唱されます。

名曲だと話題となっているのはなぜなのでしょうか?

さだまさしさんが行列で歌った歌、いのちの理由の曲についてご紹介します!

Sponsored Links

さだまさしが行列で歌った歌が名曲だと話題に!「いのちの理由」の動画

「いのちの理由」は2009年にリリースされた、さだまさしの34枚目となるアルバム「美しい朝」に収録されているナンバーです。

とても感動する詞の内容になっていますよね。

生まれてきた理由を想ったり、悲しみの後には必ず喜びがあることを伝えてくれています。

私もこうして愛しいあなたに出会うことができた。そしてあなたを護ることが、私が生きていく新たな理由の一つとなったのだ、と歌い上げています。

さだまさしの「いのちの理由」はカバーされている

「いのちの理由」に感銘を受けた歌手の岩崎宏美が、2012年にカバーシングルをリリースしています。

この他にも、2016年にクリス・ハートがカバーシングルをリリースし話題となりました。

平原綾香さんがアルバム「はじめまして」の中で、カバーしています。

このように沢山のアーティストにも愛されて、歌われているんですね。

ゆずもカバーしています。

この歌に対して、

「何回聴いても感動ものです」

「すべての小学生に覚えさせましょう。自殺する人が減ると思う」

「この曲を全ての小学生、中学生、高校生に聴いて欲しい。生まれてきたことに意味があること。今は辛くても、幸せになる権利がある事を知って欲しい。今は辛くても、いつか幸せになる日が来るよ。いつか、楽しいと思える日が来るよ。それを信じて」

「これをぼくのクラスで合唱コンクールで歌います」

といったコメントが寄せられているそうです。

Sponsored Links

さだまさしのプロフィール

本名:佐田 雅志

誕生日:1952年4月10日

出身地:日本・長崎県長崎市

学歴:國學院大學法学部中退

身長:165cm

血液型:A型

フォークデュオのグレープでメジャーデビューします。

「精霊流し」のヒットにより全国にその名を知られるようになりました。

ソロシンガーになってからも「雨やどり」「関白宣言」「親父の一番長い日」「北の国から〜遥かなる大地より〜」など、数々のヒット曲を生み出します。

2013年7月19日現在、日本で最も多くのソロ・コンサートを行った歌手でもあり、回数は実に4,400回を越えています。

トークの軽妙さはテレビ・ラジオ・コンサートのMCにて大きな魅力とされ、ファンからも期待されています。

小説家としても活動し、『解夏』『眉山』などの作品を発表しています。

 

これからもますますのご活躍を期待しています!