マスクでニキビができる?防ぐ方法や原因、対処法まとめ



Sponsored Links

新型コロナウイルスや花粉症、インフルエンザなど、マスクをしなくてはいけない日々が続きますね。

そうすると、「マスクするようになったら口の周りにニキビができるようになった」という声が結構あるんです。そう、私もそうなんです。

なぜマスクでニキビができてしまうんでしょうか?原因は何でしょうか?

男性も女性も悩みの種ですよね。そこで、治す方法と私が対策したことをご紹介します。

Sponsored Links

マスクでニキビができる原因

そもそもマスクが肌荒れやニキビの原因になっているんです。

マスクは、ウイルスなどの感染予防に役立ってくれるますが、肌にとっては負担が大きいのです。

  • マスクに使われる不織布は意外と硬く、肌に摩擦が起こりやすい
  • 摩擦による刺激は肌のバリア機能を低下させ、肌の乾燥や肌荒れの原因になる

また、呼吸によって、マスクの内側が湿度が高くなるため、細菌が繁殖しやすい環境になり、口の周りにニキビができやすくなるのです。

マスクでニキビが出来る人は多いようですね。

マスクでニキビができるのを防ぐ方法

できるだけ肌触りがいいマスクを選ぶようにしよう

使い捨ての不織布のマスクでも、製品によって肌触りのなめらかさやサイズなどが違います。

「敏感肌用」などと表示された製品には、肌への刺激が少ないものが多いでしょう。また、サイズが合わないマスクは摩擦が起こりやすくなります。できるだけ自分に合うサイズ、素材のマスクを選んで着用するようにしましょう。

マスクをはずす時間を作ろう

休憩時間や、仕事中でもマスクを着用しなくても良い場面では、意識してマスクをはずす時間を作るようにします。

常に着用している場合と比べて、肌への負担が少なくなるとともに、通気性を高めることでニキビ予防にもつながります。

マスクをしている部分は丁寧に洗顔やスキンケアをしよう

マスクがあたる部分の肌は、摩擦によってバリア機能が低下しがちです。

洗顔やクレンジング時にはできるだけ刺激を避けるとともに、しっかりと保湿ケアを行うことでバリア機能の保全を心がけましょう。

私が対策していること

出典:https://www.muji.com/

肌荒れやニキビ用のスキンケアを使うと、大きな肌トラブルを避けることができます。

私は無印良品の「クリアケアシリーズ」を使用しています。

普段は「敏感肌シリーズ」を使っているのですが、マスク着用時は「クリアケアシリーズ」です。

使い続けることで徐々にニキビが減ってきていますので、プチプラですしおすすめ商品です。

 

ネット上では「The Ordinary」がニキビに効くという情報もありますね。

https://twitter.com/ma0226411/status/1233687519029366784?s=20

The Ordinary」はまだ使用したことがありませんが、気になる商品ですね!

この他にも、ニキビ専用のスキンケア商品を利用するのが良さそうです。

こちらの商品もニキビケアに最適です。

優しくケアして、ニキビを予防しましょう!