現代社会独特の環境要因が、人間のコミュニケーション能力を低下させています。

どうすればより良いコミュニケーションを取っていけるのでしょうか。

 

他人の気持ちがわからない

 

コミュニケーション能力の低下が、様々な社会の場面で問題視されています。

職場で意見を求められても、自分の意見を発言するのが怖くて黙り込んでしまう人もいます。周りの友人に自分の思いや気持ちを伝えることができずに、信頼関係が気づけない人もいます。何気ない一言が大切な人を傷つけてしまい、自分も傷ついてしまう人もいます。

 

人間関係で傷ついてしまうと、他社に対して一時的に恐怖心を抱いたり、自分の気持を打ち上げることに苦手意識を持ってしまうこともあります。

しかし最近は、一時的な恐怖心、苦手意識というレベルではなく、かなり長期間苦しみを抱え続けなければならない人が出てきており、他社と接触することに強いストレスを感じるケースが増えてきています。

 

核家族化が与えた影響

 

かつて三世代家族が多かった頃は、子供が学校から帰宅すると誰かが家におり「おかえり」と声をかけてくれていました。子どもたちは学校であった出来事や、友人と話したこと、遊んだことを家族に話し、大人は子供の話に耳を傾けるというごく普通のコミュニケーションが多くの家庭で見られていました。

 

しかし核家族化が進んだ今では、子供が学校から帰っても誰もおらず、祖父母と別居したり同居していたとしても玄関を別にするなど生活空間を完全に分けることにより、子供が安心してコミュニケーションを取れる環境ではなくなり、コミュニケーションの学習経験が得られにくい環境を作り出してしまったのです。

 

競争社会が子どもたちに与える悪影響

 

核家族化に加えて、にほんの競争社会が子どもたちのコミュニケーション能力に悪影響を及ぼしていると言われています。

ゆとり教育の導入で少し緩和したとはいえ、学校から帰宅しても塾や習い事で忙しい子供は増えています。そして成績に執着し過ぎて『友人をライバルとしか見ることができない子どもたちも出てきています。

 

この競争社会は、同世代の子供同士の豊かなコミュニケーションを気づきにくい環境を作り出してしまっているのかもしれません。お互いの気持を理解し合ったり、自分の気持を相手が傷つかないように伝えるなど、大人になってから必要になるコミュニケーション能力が育ちにくい状況となっていると言えるでしょう。

 

コミュニケーション能力を学べた昔の情報収集

一昔前はインターネットもなくわからないことは人生の先輩やその分野に長けている人に直接質問していました。

先輩に時間を割いてもらうのですから、気を遣わないといけません。それでも先輩から頑張ってね、困ったらいつでも来てねと心温まる声をかけてもらうこともたくさんありました。そんな人との関わりから頑張ろう!とモチベーションが高まることも多く、人間関係が成長していく時間を得ることができていたのです。

 

また先輩を嫌な気分にさせないように、知りたいことを聞き出す有効なコミュニケーション技術も同時に鍛えられていました。今と比べるとコミュニケーションを学ぶ機会がたくさんあり、社会の中で様々な人に支えられながら生きている自分を認識しやすい環境だったのです。

 

人との関わりを疎かにしたことの歪み

 

現代を生きる人々は、必要な情報を自分一人で知るすべを持っているため、他人に聞いたり教えたりする人間関係を築く経験が希薄となっています。

そのためインターネット上の情報だけではどうにもならない場面、職場での人間関係づくりや取引先との関係づくり、恋愛関係の築き方などになると、人とどのように関わればいいのかがわからず困ってしまうのです。

近年、人との関わりを疎かにしすぎてしまった歪みが、様々な場面で出ています。