「本当はやりたいのに・・・やらなくてはいけないのに・・・」

 

 

例えば「~が不安で友人に会いたくない」、「~が不安で会社に行けない」、「~が不安でやるべきことにとりかかれない」などのことが挙げられると思いますが、これらの行為を回避行動といいます。

基本的に不適切でネガティブな感情を経験することを避けるための防衛的な行動であると考えます。

 

不安そのものは扱いません

 

 

不安による回避行動に対するカウンセリングでは、回避行動の原因となっている不安が、何に対しての不安なのかを明確にさせることがまずは重要です。

例外はありますが、当カウンセリングサービスでは、不安による回避行動に対するカウンセリングで不安そのものを扱うことはほぼありません。

不安の原因は予測ということになりますが、その予測を実際に起きた出来事として扱い(仮定の出来事)、その出来事に対してどのように考え、どのように捉えるか、ということに焦点を当てたカウンセリングを主に行います。

 

もしカウンセリングで不安そのものを扱い、予測に対する不安を軽減させることに成功したとしても、実際に予測していたことが本当に起こってしまったら何の役にも立ちません。

その仮定の出来事に対して適切な考え方、捉え方が出来れば、その仮定の出来事が実際に起こったときに適切な感情が持てるようになり、結果として回避行動は解消されると考えるのです。

 

状況を変化させ、不安を解消させる

 

 

ご自身が状況を変化させ、コントロールすることによって、不安を解消させることができる場合もあります。

例えば、「~ができるかどうか不安」に対して、具体的に「~ができるようになる」といった状況を作り出すことができれば、その不安は解消し、回避行動を改善することができます。

もちろん状況により、ご自身が自発的になったり能動的になる必要があります。もしそれができないのだとしたら、その「できない」の理由と原因を明らかにし、対策を考えていくことになります。

 

 

ご自身の回避行動の原因がはっきりとはわからず、不安が原因かどうか確信が持てないという方のご相談もお受けいたします。

Care Roomでは、不安を解消する有効な心理療法を提供しております。

お一人で抱え込まずに、まずは今のお気持ちをカウンセラーにお話しください。