植物の香りは私たちの心と身体にやさしく働きかけてくれます。

アロマテラピーを知ることは、自分の心や身体と向き合うことになります。

アロマテラピーを生活に取り入れてみませんか。

 

アロマテラピーとは

 

アロマテラピーとは、「植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法」と定義されています。

植物がもっている香りを、心身の癒やしに役立てようという考え方は、古代エジプトの壁画に香油の壺や香炉が描かれるように、数千年前からありました。

アロマテラピーは日本語では芳香療法と訳されており、植物(香草、薬草)の花、葉、茎、根、樹皮などから水蒸気蒸留で抽出した精油を用いる方法が一般的です。

アロマテラピーは、広義ではコーヒーの香りで目覚めたり、ショウガの香りで食欲が湧いたりすることが含まれますが、ここでは、精油を用いた一般的なアロマテラピーの方法について解説します。

 

アロマテラピーの効果

 

 

人が香りを感じる仕組みは、空気中に漂う香りの成分が呼吸と共に鼻に入り、その香りの成分が鼻の嗅粘膜に溶け込み、香りの成分を情報としてキャッチします。

その後、嗅神経・嗅球・嗅索を通り、大脳(大脳皮質や大脳辺稼系)に伝えられ、人は香りを感じます。香りの刺激によって、集中力が高まったり、鎮静効果をもたらしたりします。

また、アロマテラピートリートメントなどでは、精油成分が皮膚から働きかけることもわかっています。

 

他にもアロマテラピー(トリートメントを含む)によって、免疫力に関係するNK細胞活性値が上昇したり、女性ホルモンの一種であるエストロゲン濃度が増加したり、月経痛が改善したり、メラニン産生を抑制したり、副交感神経の高まりによって動脈機能が改善したりなど、多くの身体への効果も報告されています。

ただし医療域では、あくまでもアロマテラピーは補完的な役割であり、他の療法を組み合わせることで、統合医療として貢献できると言われています。

 

香りには期待できる効果があると言われていますが、アロマオイル選びで一番大切なことは、必ず自分の鼻で香りを試して「よい香り」だと感じるものを用いることです。

 

集中力を高めたいときに

ペパーミント、レモン、ローズマリー、ユーカリなど

眠れないときに

カモミール、ネロリ、マージョラム、ラベンダーなど

やる気が出ないときに

クラリセージ、グレープフルーツ、ジャスミンなど

元気がないときに

グレープフルーツ、カルダモン、レモングラス、ローズマリーなど

 

アロマテラピーのやり方

 

アロマテラピーはアロマポットなどを使った芳香浴をはじめ、蒸気吸入、スプレー、入浴、湿布、マッサージなどの方法で行われます。

室内で香りを漂わせる方法以外のマッサージなどでは、通常オイルは薄めて使用します。マッサージ後に皮膚にオイルが付着したまま日光を浴びると、シミになったり炎症を起こしたりするものもあります。

オイルを選ぶ際には、必ずそのオイルの持つ特性を確認してください。また皮膚に用いる際には、パッチテストを行うとよいでしょう。

アロマテラピーはオイルと芳香のための道具があれば、どこでも気軽に行うことができます。部屋や車などでアロマの香りを置き、自然とアロマテラピーができていることもあります。