がんと言われたときの心の変化とは

 

 

がんという言葉は、心に大きなストレスをもたらします。そして、病名を耳にした後の数日間は、「まさか私ががんのはずがない」「何かの間違いに決まっている」などと、認めたくない気持ちが強くなる人がほとんどです。

これは、大きな衝撃から心を守ろうとする通常の反応です。

 

「なぜ、自分だけがこんな目に遭わなければならないのか」「私が何か悪いことをしたのか」などと、怒りを感じることもあるでしょう。

「食生活が悪かったのではないか」「仕事のストレスのせいだ」などと、自分を責める人もいます。

 

しばらくの間は、不安や落ち込みの強い状態が続くかもしれません。

眠れなかったり、食欲がなかったり、集中力が低下する人も少なくありません。中には、今まで経験したことのないような、つらい状態におちいってしまう人もいます。

 

そんなときには、無理にがんばったり、平静を装ったりする必要はありません。がんになったのは、決してあなたのせいではありません。誰とも話したくない時間や、一日中布団をかぶって寝ているという日があってもいいのです。

がんと言われたあなたが不安で落ち込むのは、むしろ自然なことです。

自分だけがどうして・・・と思うこともあるでしょう。多くの方々がこのようなストレスに直面しています。

 

治療が始まる前、治療中、治療が終わった後など、時期を問わず不安で、気持ちが不安定になったり、落ち込むことがあります。

不安や落ち込みは、ある程度は通常の反応です。そうなったからといって、すぐに問題になるというわけではありません。

 

心の負担を軽くするには

 

家族、友人、知人、担当医、看護師など、信頼できる人に、自分が抱えている不安や落ち込み、揺れ動く気持ち、つらい気持ちを話してみましょう。

話すことで次第に気持ちの整理がつき、心が少し落ち着いてくるでしょう。

また、自分の病気について、より理解したり、自分と同じような経験した人たちと話し合う、あるいは悩みを分かち合うことで、気持ちが楽になる人もいます。

 

適応していく心の動きをとらえる

 

時間がたつにつれて、「つらいけれども何とか治療を受けていこう」「がんになったのは仕方ない、これからするべきことを考えてみよう」など、見通しを立てて前向きな気持ちになっていきます。

しかし、ひどく落ち込んで何も手に付かないような状態が長引いたり、日常生活に支障が続くようであれば、適応障害や気分障害(うつ状態)かもしれません。

こうした状態は、強いストレスを受けるなど、人生において大きな出来事があった場合には、誰でもなる可能性のある心の状態であり、専門的な治療が必要となります。

 

がんについてのお話をお聞きします。Care Roomでは、がんをはじめとする不安に対してお話をお聞きします。

お一人で抱え込まずに、まずは今のお気持ちをカウンセラーにお話しください。