がんになってしまうとこの先どうなってしまうんだろう・・と不安になってしまいますね。

しかし今や国民の2人に1人はがんになる時代です。そう簡単には死なないのです。

 

早期発見が鍵

 

 

がんで死んでしまう人はステージが末期の方たちです。がんにはステージがあり、早期であれば手術や治療で寛解することが可能なのです。そうはいっても、末期がんの方でも元気になられ、生き生きと過ごされている方々も多いのです。なんとも言えません。

ですから政府も早期発見と謳っており、各自治体もがん検診を促しているんですね。早めに見つけて早めに対処することで解決することなんですね。

ただ、検診で見つからないがんもあります。私もその一人でした。私は自分で異変を感じて病院に行きました。自分の体を日常的に監視することも必要です。異変を感じたらすぐにでも病院へ行き検査することが大切です。

 

がんの細胞は体全体に巡っています。ですから悪性度の高いがんであった場合、化学療法でがんをたたいてやっつけ、再発・転移しないようにするんです。この治療はとても大切だと思います。場合によってがんの悪性度が高くなければ手術のみで治療は終わるときもあります。しかし再発を防ぐ意味でも今後の検診はしっかりとする必要があると思います。

いつがんになってもおかしくない時代です。身内にがんの方がいれば自分が癌になるリスクは高いです。なので定期検診はしっかりとして早期に見つけたいものです。

 

再発・転移してしまったら

 

 

一度は治療したものの再度がんになってしまうとがっかりしてしまいますね。でもまた治療をしなければなりません。今や治療方針は確立していますし、新薬が次々と出ていますから怯える必要はありません。

化学療法や放射線治療で何度も病院へ足を運ぶことになり、辛い時もありますが乗り越えるしかありません。化学療法の副作用も人それぞれです。なんともない人もいれば辛くて日常生活ができない方もいらっしゃいます。それ相応に辛い時もありますが、これもまた治療を終えるのを待つのみです。

昔は化学療法の治療は副作用が強く、辛いイメージがありましたが、今は副作用に対する薬が進化していますので、それほど強い副作用になることはあまりありません。脱毛などは避けれませんが。

治療を恐れず受け入れ、今後の自分の人生を謳歌するためにも、ぜひとも乗り切ってもらいたいものです。

 

治療は何回も病院へ行きますので仕事との両立が難しいこともあります。職場の理解も必要になってきます。通院で休んだりしなくてはならないときもあるでしょう。自分の体調が優れず休まざるを得ないときもあるはずです。ですが、治療を終えたときにまた仕事ができるように、治療期間はうまく仕事と付き合っていくしかないのです。