全ての人間に共通する 基本的感情

 

 

私たちは、日々様々な感情と共に生活をしていますが、その感情には二つの種類があります。

まず一つ目は、遺伝的にプログラムされた人間の本性である基本情動と呼ばれる感情です。

この感情は、脳の大脳辺縁系という部分で、働きによって生じる感情で、動物的本能を支えるために機能しています。

基本情動という感情は、恐怖・怒り・悲しみ・喜び・驚き・嫌悪の6感情で、文化や環境などの外的な要因の影響を受けにくい特徴を持っています。

 

例えば、喜びという感情から生じる笑顔は、近代文明とは隔絶された部族でも共通する感情で、私たちは他者の笑顔を見るとすぐに喜びと結びつけ、安心してその人の笑顔に出会うことができます。

このように、全ての人間に共通する基本的な感情を、基本情報と呼ぶのです。

人間独特の感情である社会的感情

その一方で人間は、基本情報に加えた社会的動物として機能するために、必要な社会的感情と呼ばれる感情を持っています。

身近な社会的感情で言えば、正義感・誇り・罪悪感・恥・感謝・愛などが挙げられます。

基本情動の多くは、動物的本能を支えるために機能するものなので、犬や猿などの他の動物にも見られる感情です。

 

しかし、社会的感情人間という動物にしか見られない感情だと言われています。

社会的感情は、人との関わりの中で生じるもので、人間関係という社会集団の中で生活していくために、とても重要な機能を果たしてくれます。

それでは、社会的感情が私たちの行動思考傾向に、どのような影響を与えているのか、みていきましょう。

社会的感情が突き動かす人間の行動

社会的感情は、人間関係の中で生じる感情です。

例えば正義感は、集団に適応するためのルールを規定し、集団に適用するように自分の行動を修正し、他の人が逸脱行為をした場合には、集団に適応するように働きかける感情です。

そして感謝は、相手からの好意に対して、それに見合ったお返しをして、お互いが良い関係を築くために絆を形成する感情です。

罪悪感や恥には、相手をごまかしたり傷つけることに不快感を感じ、集団に適した振る舞いをするように人間を突き動かす感情です。

社会的感情は、大脳新皮質という脳の新しい部分 から生じており、理性的な判断論理的な分析など、人間らしい行動を司る心の働きに影響を与えていると言われています 。