人間はどんな時に幸福感を感じるのか

 

 

私たちの多くは、幸せになりたいと感じています。

そして自分が幸せだなと感じる時、大きな満足感を得ることができます。

誰でも不幸は嫌ですし、もしそうであれば、その状況から抜け出したいと言うと思うことでしょう。

そもそも幸福感としては、とても安定した持続的で、穏やかの心理状態のことを言います。

突発的に生じた幸せ、例えば宝くじに当たるなどは、一時的に幸せな感情を与えてくれますが、継続的な幸福感を与えてはくれません。

人間は一時的ではなく、継続的な安定を求める習性を持っています。

 

また幸福感について、お金や物など、物質的な富を手に入れることに執着する人がいますが、人間が物質的な富に幸せを目指していないことが、心理学の研究で明らかになっています。

それでは人間が何に対して幸福感を感じるのか、様々な角度から考えてみましょう。

人間は人とのつながりで幸せを感じる

数十カ国を対象とした幸福感の調査で、日本国民は経済力があるにも関わらず、幸福感が低いという結果が出ています。

また長者番付に載るほどの大富豪と、平均的な一般市民で幸福感を比較した調査では、大富豪が若干上回る程度で、大きな変化は見られませんでした。

これらの実験結果から言えることは、物質的な富は幸福差に大きな影響を与えているようで、実はそこまでの影響力を持っていない、ということです。

 

ある学者は、人間は健康や親密な人間関係に恵まれていること、良い結婚をし子供を授かり家族仲良く暮らすことこそが、幸福感の源泉だと語っています。

事実、私たちは社会的動物です。集団から隔絶されることに恐怖心を抱くわけですから、集団内で居心地の良い環境が手に入れれば、永続的な心温まる幸福感が感じられるのです。

援助行動は援助自身も幸せを感じられる

私たちは、困っている人がいると、その人を助けるために様々な行動を起こします。

例えば、お年寄りの荷物を持ってあげたり、次の人が入ってくるまで扉を押さえてあげたり、ボランティア活動に励むように、援助活動援助行動は、私たちの生活場面のいたるところで見られます。

なぜこのように、多くの援助行動が開けられるのかと言うと、実は援助行動が援助者自身が幸せを感じることができるためです。

 

人間は、援助行動によって、自分自身の人生に意味や価値を見出し、自己評価を高めることができます。

そして、肯定的な気分を獲得することができます。

人と密接に関わることが、共同体意識を強めることができると言われています。

つまり援助行動が、困っている人を助けながら、自分自身幸せ感覚で見ることができる行動なのです 。