瞑想をするためには呼吸を整えること、姿勢を整えること、心を集中させることの3点がとても重要です。

中でも呼吸法を身につけることが重要で、瞑想の際にしっかり呼吸ができると気持ちを落ち着かせることができるのです。

ここでは基本的な呼吸法についてお伝えします。

 

瞑想で大切な3つの要素とは

 

呼吸を整える

呼吸を整えることについてです。

脳にしっかりと新鮮な空気とエネルギーを行きわたらせ、集中力を保つためには、より瞑想に合った呼吸法が必要とされます。

正しい呼吸法をマスターして瞑想の効果を高めましょう。

 

姿勢を整える

深い呼吸のためには、姿勢を整えることが重要です。

座った状態で瞑想をする方が多いと思いますが、どのような座り方をする場合であっても、背骨が真っ直ぐになるように注意しましょう。

猫背にならないようにして、背筋を伸ばそうと体に力を入れず、自然と背骨が真っ直ぐな状態が保てる姿勢を見つけましょう。

 

心を整える

心を整え集中することで、瞑想によって得られる効果が正しく実感できます。

心を整えなければ雑念により集中力は失われてしまいます。

そしてそのためには、深い呼吸が必要です。呼吸がしっかりとできていないと、脳に酸素が行きわたらずに集中力を保つことができません。

さらには、背筋が伸びていないと深い呼吸ができません。

呼吸、姿勢、はどれが欠けても正しい瞑想が成り立たないのです。

 

瞑想中の基本的な呼吸法

 

鼻から吐いて鼻から吸う

これから瞑想を始めようとするときに、「完璧な呼吸法をマスターしよう」と思ってしまうと、ハードルが高すぎます。

まずは「鼻から吐いて、鼻から吸う」ということだけを意識して、呼吸をしてみましょう。

 

呼吸に意識を向ける

瞑想中に集中力を保つことが難しいと感じた場合には、呼吸に意識を向けるとうまくいきます。

吐いた息がお腹のあたりから喉を通り、鼻を経由して外に出る様子、そして鼻から吸った息が、鼻を通って喉からお腹のあたりまで行きわたる様子を、イメージしながら呼吸だけに意識を向けましょう。

自然と集中することに慣れてきます。

 

呼吸に集中できないときは数を数える

最初は呼吸に意識を向け、集中することが難しいと感じる方もいるかもしれません。

そんなときは、数を数えてみましょう。

ゆっくりと心の中で、1から順番に数を数えることで、集中できるようになります。

 

慣れてきたら「腹式呼吸」を意識

だんだん呼吸を意識し、集中することに慣れてきたら、腹式呼吸を意識してみましょう。

腹式呼吸とは、胃の下のあたりの部分を空気を入れることにより膨らませ、空気を送り出すことによりへこませることで、体内に圧をかけて呼吸をすることです。

 

実は、普通に無意識に呼吸をしているときには胸を使って呼吸しています。

しかし、腹式呼吸を行うことで、体内にあった空気をしっかりと吐き出すことができ、その分新鮮な酸素をしっかりと取り込むことができるのです。

 

腹式呼吸がちゃんとできているか分からない場合には、お腹に手を当ててみましょう。

お腹が風船のように膨らんだりへこんだりしているのがわかれば、できている証拠です。

腹式呼吸は無意識のうちに行うのはなかなか難しいので、意識して瞑想中に行うようにしましょう。

 

ポイントは「息を吐き切る」こと

腹式呼吸で大事なのは「しっかりと息を吐き切る」ことです。

息をすべて出し切ってしまい、苦しくなってくるくらいがちょうど良いと言われています。

 

息を吐き切るのに30秒程度かけてゆっくりと行うとコツがつかめるでしょう。

そうすることで、腹式呼吸を意識して深い呼吸ができ、しっかりと酸素を脳に供給できるとともに、リラックス効果も得ることができます。

 

瞑想中の呼吸はリラックス効果がある

 

瞑想をするときに、集中することにばかりに意識を向けると、気が付いたら呼吸が浅くなっていた・・・なんてこともあるかもしれません。

しかし、それでは逆効果になってしまいます。集中することを意識するのではなく、呼吸に意識を向けることで自然と集中できるようになることがベストです。

 

腹式呼吸ができるようになると、深呼吸が楽にできるようになります。

そして、深呼吸することで脳に新しいエネルギーと新鮮な酸素が行きわたり、リラックス効果も得ることができるのです。